出版企画の立て方、考え方

しっかり売れる本、そして、自分のためにもなる出版企画の立て方と考え方

出版企画の最後の仕上げ

自分の出版企画をひと言で伝えてみよう

投稿日:

出版企画書は、どんなにいい内容だったとしても、やはりタイトルで決まります。

それは、編集者が出版企画書をチェックするときに、企画タイトルから目を通すからです。

 

最初に書かれているタイトルが、面白くなさそうなら、その時点でボツ!

 

それが出版業界の常識だったりします。

逆に言えば、このタイトルさえ面白そうであれば、その企画書の先を読んでもらえる可能性が高いということです。

 

ただ、だからといって奇をてらえばいいというものではありませんし、売れてる本のタイトルをもじればいいというものでもありません。

 

しっかりと出版企画のウリを明確にして、その出版企画の魅力を伝えなければなりません。

とくに、その本を読むとどうなれるのか、それをイメージさせられることが重要なポイントとなります。

 

それらを簡単に表現するためには、タイトルとサブタイトルを使い分けることです。

 

タイトルでは、企画内容をベースに

  • それをひと言で言うと?
  • つまり、どういうコト?

という視点で書いてみてください。

 

その上で、サブタイトルで、

  • 何がウリなのか
  • どうなれるのか
  • その根拠

というようなことが伝わるように書きます。

 

このようにして、タイトルとサブタイトルをセットで書くと、きっと魅力的なタイトルを書くことができるはずです。

キャッチコピー的なセンスが必要になりますので、そういう勉強もしておくとよいでしょう。

 

 

 

ad

ad

-出版企画の最後の仕上げ

執筆者:

関連記事

最後にもう一度、企画書をチェックしよう

読者に選ばれる本、息長く売れる本にするために、最後にもう一度、企画書をチェックしてみましょう。 チェックポイントは5つです。   最初の一つ目は、しっかりと読者の欲求や悩みにリーチできている …

本当のその企画で出版しても大丈夫ですか?

本を出版するということは、あなたは公人に近い存在になります。 そして、出版したその本は、かなりの影響力を持って、世の中に送り出されることになります。   だからこそ、その企画で出版してもいい …