出版企画の立て方、考え方

しっかり売れる本、そして、自分のためにもなる出版企画の立て方と考え方

類書との差別化

あなたが出版した本が選ばれる理由はありますか?

投稿日:

あなたが出版した本が売れるためには、選ばれて、買っていただかなくてはなりません。

そのためには、あなたの本が出版されたときに置かれる棚を最初からイメージしておかなければなりません。

そして、その置かれる棚に置かれている全ての本が、あなたの競合ということになります。

そこに置かれた全ての本と比較して、あなたの本が選ばれる理由があるかということです。

 

では、どういう要素で人は比較するのかを考えてみましょう。

  • 価格
  • 切り口
  • ターゲット
  • 到達点
  • カバー
  • 誌面デザイン
  • 読みやすさ、分かりやすさ

あなたが書店で本を選ぶときの要素を思い出して、今、置かれている本と比較して、しっかりと選ばれる要素があるのかどうかを考えてみましょう。

 

逆に言えば、その要素がなければ、あなたの本は選ばれないことになりますので、売れないということになりますからね。

 

ad

ad

-類書との差別化

執筆者:

関連記事

読者ターゲットの気づいてもらうことを意識しよう

類書との差別も大切ですが、必ずしも比較で考える必要はありません。 本屋さんに来る人というのは、本を買う場合、何の本を買うかは想定して来店する人がほとんどです。 だったら、その人にまずが見つけてもらい、 …