出版企画の立て方、考え方

しっかり売れる本、そして、自分のためにもなる出版企画の立て方と考え方

出版企画を立てる前に

出版する企画を考える前に自分の棚卸しをしよう

投稿日:2014年7月2日 更新日:

出版するべき企画を考える前に自分自身の棚卸しをしてみましょう。

 

棚卸しをする項目は、自分自身が得意なコト、やっていて楽しいコト、周りに褒められるコト、誰にも負けない自負のあるコト、感謝されるコト、評価されるコト、ついつい自己投資しちゃうコト、などを書き出します。

 

次に、今まで、自分自身が経験してきた経歴や体験してきたコトを書き出してください。

 

この二つを並べて、みましょう!

 

自分自身が得意なコト、やっていて楽しいコト、周りに褒められるコト、感謝されるコト、評価されるコトなどが、あなたが語るべきコトになります。

そして、自分自身が経験してきた経歴や体験してきたコトが、誰が語るのかを意味します。

 

この二つから、“誰が”“何を”語るのが、一番、説得力があるのかを見てみてください。

 

つまり、自分自身が経験してきた経歴や体験してきたコトを裏付けとして何を語るべきなのかを、自分自身が得意なコト、やっていて楽しいコト、周りに褒められるコト、感謝されるコト、評価されるコトなどから選ぶということです。

 

ここに、読者のニーズを加えて、さらに絞り込むことで、あなたが出版するべき企画が浮き彫りになっていくことでしょう。

 

ad

ad

-出版企画を立てる前に

執筆者:

関連記事

出版企画を考えたら、市場に受け入れられるかチェック

出版する企画が決まったら、その企画が本当に本当に受け入れられるのかをチェックしてみてください。 売れいれられるということは、その本は売れるということなので、このチェックは必ず行いましょう。 そうしない …

出版する企画は自分からと読者側からのマッチングで決める

出版企画を考える前に、まずは自分の棚卸しをしてみましょう。 今まで学んだコト、経験してきたコト、得意なコト、ワクワクするコト、没頭してしまうコト、褒められるコト、自信を持っているコトなど、とにかく書き …

出版できる企画の考える順番

出版したい人は、非常に多いですが、その方たちの企画書は、ほぼ出版できる企画になっておりません。   それはなぜかというと、「書きたい企画」「書ける企画」という考え方をしているからです。 「書 …