出版企画の立て方、考え方

しっかり売れる本、そして、自分のためにもなる出版企画の立て方と考え方

出版企画を立てる前に

出版できる企画の考える順番

投稿日:

出版したい人は、非常に多いですが、その方たちの企画書は、ほぼ出版できる企画になっておりません。

 

それはなぜかというと、「書きたい企画」「書ける企画」という考え方をしているからです。

「書きたい企画」というと自分本位な感じがしますので、何となくダメな理由も分かると思います。

でも、「書ける企画」も、実は自分本位な考え方なんですね。

 

もちろん、自分が書けなければ出版はできませんが、書けることの中から探しても出版はできません。

だって、誰もあなたが書けることに興味がないから…。

 

本は書店で売られます。

そして、そこに買ってくれる人がいるというのが想定できて、出版できるのです。

 

つまり、市場のニーズから考えなくてはならないということ。

 

書店で売られるということは…、買ってくれる人が求めているものは…、先にここを理解しないと出版企画をいくら考えてもうまくはいきません。

では、出版企画の立て方を書く前に、そのことについて書いていこうと思います。

 

ad

ad

-出版企画を立てる前に

執筆者:

関連記事

出版する企画は自分からと読者側からのマッチングで決める

出版企画を考える前に、まずは自分の棚卸しをしてみましょう。 今まで学んだコト、経験してきたコト、得意なコト、ワクワクするコト、没頭してしまうコト、褒められるコト、自信を持っているコトなど、とにかく書き …

出版企画を考えたら、市場に受け入れられるかチェック

出版する企画が決まったら、その企画が本当に本当に受け入れられるのかをチェックしてみてください。 売れいれられるということは、その本は売れるということなので、このチェックは必ず行いましょう。 そうしない …

出版する企画を考える前に自分の棚卸しをしよう

出版するべき企画を考える前に自分自身の棚卸しをしてみましょう。   棚卸しをする項目は、自分自身が得意なコト、やっていて楽しいコト、周りに褒められるコト、誰にも負けない自負のあるコト、感謝さ …