ブックデザイン 事務所

*

本当のその企画で出版しても大丈夫ですか?

公開日: : 出版企画の最後の仕上げ

本を出版するということは、あなたは公人に近い存在になります。

そして、出版したその本は、かなりの影響力を持って、世の中に送り出されることになります。

 

だからこそ、その企画で出版してもいいかどうかを考えてみましょう。

 

まず、考えなくてはならないのは、出版社のこと。

出版社は、あなたの本を出版するにあたり、そのコストを全て捻出してくれます。

あなたはその本が売れようが、売れまいが、印税を手にすることになりますが、だからといって本を出して満足してしまったら、二度と本は出版できないでしょう。

そのためにも、しっかりと市場調査を行い、売れる根拠をたくさん見つけてください。

 

そして、次に本作りに関わった皆さんへの恩返し。

本は原稿を書けば出来上がるモノではありません。

編集者、校正者、デザイナー、装丁家…など、たくさんの人との関わりの中で完成します。

もし、あなたがはじめての出版ということなら、間違いなく、多大なご迷惑をかけているはずです。

そして、それに報いるためには、やはり、本を売るしかないんです。

そのためにも、出版した後は、できる限りの販促活動は行いましょう。

もし、あなたの本が売れなかったとしても、販促活動を一生懸命に頑張れば、それだけで救われるのです。

 

次にお金を出して本を買ってくれた読者への感謝。

あなたの本を実際にお金を支払って購入していただくわけですから、必ず、その金額以上の情報がその本に込められていなければなりません。

出版して安易にバックエンド商品やサービスに誘導するのではなく、読者に感謝され、お願いされてバックエンド商品やサービスにお申し込みいただけるような本にしてください。

 

そして、最後に世の中への影響。

本が売れるから、読者が喜ぶからといって、何でもかんでも出版すればいいわけではありません。

本というのは、数千部が印刷され、それなりの人数の読者が購入し、実践するわけです。

ところが、本が売れるから、読者が喜ぶからといって、結果的に世の中の迷惑になるような事態に陥った時、あなたは著者として責任を持てますか?

できることなら、裏技とか、暴露とかではなく、その本を読んで実践した人が幸せになり、周りにその本を勧めたくなるような内容で出版してください。

 

このように、本を中心にして、いろいろなところへの波紋を考慮しなければいけないということです。

ヘンな本を出版して不幸な著者にならないためにも、出版社に売り込む前に、もう一度、確認してみてください。

 

 

 

ad

関連記事

no image

最後にもう一度、企画書をチェックしよう

読者に選ばれる本、息長く売れる本にするために、最後にもう一度、企画書をチェックしてみましょう。

記事を読む

no image

自分の出版企画をひと言で伝えてみよう

出版企画書は、どんなにいい内容だったとしても、やはりタイトルで決まります。 それは、編集者が出

記事を読む


ad

  • ▼10年連続、50冊以上の出版を決めてきた▼
    本物のノウハウ!



    • 本当のその企画で出版しても大丈夫ですか?
    • 本を出版するということは、あなたは公人に近い存在になります。 そして、出版したその本は、かなりの影響力を持って、世の中に送り出されることになります。   だからこそ、その企画で出版してもいいかどうかを考えてみま […]
    • 最後にもう一度、企画書をチェックしよう
    • 読者に選ばれる本、息長く売れる本にするために、最後にもう一度、企画書をチェックしてみましょう。 チェックポイントは5つです。   最初の一つ目は、しっかりと読者の欲求や悩みにリーチできているか。 そして、その解 […]
    • 出版できる企画の考える順番
    • 出版したい人は、非常に多いですが、その方たちの企画書は、ほぼ出版できる企画になっておりません。   それはなぜかというと、「書きたい企画」「書ける企画」という考え方をしているからです。 「書きたい企画」というと […]
    • あなたが出版した本が選ばれる理由はありますか?
    • あなたが出版した本が売れるためには、選ばれて、買っていただかなくてはなりません。 そのためには、あなたの本が出版されたときに置かれる棚を最初からイメージしておかなければなりません。 そして、その置かれる棚に置かれている全 […]
    • 自分の出版企画をひと言で伝えてみよう
    • 出版企画書は、どんなにいい内容だったとしても、やはりタイトルで決まります。 それは、編集者が出版企画書をチェックするときに、企画タイトルから目を通すからです。   最初に書かれているタイトルが、面白くなさそうな […]
PAGE TOP ↑