ブックデザイン 事務所

*

あなたが出版した本が選ばれる理由はありますか?

公開日: : 類書との差別化

あなたが出版した本が売れるためには、選ばれて、買っていただかなくてはなりません。

そのためには、あなたの本が出版されたときに置かれる棚を最初からイメージしておかなければなりません。

そして、その置かれる棚に置かれている全ての本が、あなたの競合ということになります。

そこに置かれた全ての本と比較して、あなたの本が選ばれる理由があるかということです。

 

では、どういう要素で人は比較するのかを考えてみましょう。

  • 価格
  • 切り口
  • ターゲット
  • 到達点
  • カバー
  • 誌面デザイン
  • 読みやすさ、分かりやすさ

あなたが書店で本を選ぶときの要素を思い出して、今、置かれている本と比較して、しっかりと選ばれる要素があるのかどうかを考えてみましょう。

 

逆に言えば、その要素がなければ、あなたの本は選ばれないことになりますので、売れないということになりますからね。

 

ad

関連記事

no image

読者ターゲットの気づいてもらうことを意識しよう

類書との差別も大切ですが、必ずしも比較で考える必要はありません。 本屋さんに来る人というのは、

記事を読む


ad

  • ▼10年連続、50冊以上の出版を決めてきた▼
    本物のノウハウ!



    • 本当のその企画で出版しても大丈夫ですか?
    • 本を出版するということは、あなたは公人に近い存在になります。 そして、出版したその本は、かなりの影響力を持って、世の中に送り出されることになります。   だからこそ、その企画で出版してもいいかどうかを考えてみま […]
    • 最後にもう一度、企画書をチェックしよう
    • 読者に選ばれる本、息長く売れる本にするために、最後にもう一度、企画書をチェックしてみましょう。 チェックポイントは5つです。   最初の一つ目は、しっかりと読者の欲求や悩みにリーチできているか。 そして、その解 […]
    • 出版できる企画の考える順番
    • 出版したい人は、非常に多いですが、その方たちの企画書は、ほぼ出版できる企画になっておりません。   それはなぜかというと、「書きたい企画」「書ける企画」という考え方をしているからです。 「書きたい企画」というと […]
    • あなたが出版した本が選ばれる理由はありますか?
    • あなたが出版した本が売れるためには、選ばれて、買っていただかなくてはなりません。 そのためには、あなたの本が出版されたときに置かれる棚を最初からイメージしておかなければなりません。 そして、その置かれる棚に置かれている全 […]
    • 自分の出版企画をひと言で伝えてみよう
    • 出版企画書は、どんなにいい内容だったとしても、やはりタイトルで決まります。 それは、編集者が出版企画書をチェックするときに、企画タイトルから目を通すからです。   最初に書かれているタイトルが、面白くなさそうな […]
PAGE TOP ↑