ブックデザイン 事務所

*

出版企画のターゲットをさらに深掘りしましょう

公開日: : 出版企画のターゲット設定

出版企画書の読者ターゲットに書くべき項目は、想定読者の欲求や悩みを書きましょうと言っています。

ただ、ターゲットの設定という意味ではそれで構わないのですが、本作りを進めていく中で、もう少し、掘り下げる必要があります。

 

では、想定読者の欲求や悩みを調査して、その欲求や悩みを持っている人を読者ターゲットに設定します。

 

次にこの読者ターゲットの欲求や悩みを持っている人を具体的にイメージして、さらに絞り込みをしていきましょう。

年代、性別、職業などの属性での絞り込みはここで必要になってきます。

欲求や悩みから属性で絞り込む場合は、少数派を切って、多数派を残していくのがポイントです。

 

そして、ここで絞り込んだ属性の人は、どんな色に反応し、どんな書体、どんなデザインを好むのか、どんなアプローチで説明すると理解してくれて、どんな文体の文章に共感するのかなどを考えます。

これは、本を作る場合のデザインや切り口、論理展開などに反映させていきます。

 

今度は、その属性の方々の行動パターンを考えましょう。

どこから情報を得て、いつ行動をしていて、どこによく行くのか、本はどこで買うのかなどを考えてみてください。

そこから本に使うべきキーワードや打ち出すメディア、タイトルの付け方など、どちらかというと内容というより本を売るための要素は、ここから考えます。

 

このように、本のターゲットを考える場合には、まずはニーズ調査を行い、そこから属性で絞り込み、その人たちの行動パターンから出版企画を考えるのが重要です。

 

ad

関連記事

no image

出版企画のターゲットの考え方

出版企画書には、読者ターゲットという項目があります。 多くの方が、この項目に年代、性別、職業な

記事を読む


ad

  • ▼10年連続、50冊以上の出版を決めてきた▼
    本物のノウハウ!



    • 本当のその企画で出版しても大丈夫ですか?
    • 本を出版するということは、あなたは公人に近い存在になります。 そして、出版したその本は、かなりの影響力を持って、世の中に送り出されることになります。   だからこそ、その企画で出版してもいいかどうかを考えてみま […]
    • 最後にもう一度、企画書をチェックしよう
    • 読者に選ばれる本、息長く売れる本にするために、最後にもう一度、企画書をチェックしてみましょう。 チェックポイントは5つです。   最初の一つ目は、しっかりと読者の欲求や悩みにリーチできているか。 そして、その解 […]
    • 出版できる企画の考える順番
    • 出版したい人は、非常に多いですが、その方たちの企画書は、ほぼ出版できる企画になっておりません。   それはなぜかというと、「書きたい企画」「書ける企画」という考え方をしているからです。 「書きたい企画」というと […]
    • あなたが出版した本が選ばれる理由はありますか?
    • あなたが出版した本が売れるためには、選ばれて、買っていただかなくてはなりません。 そのためには、あなたの本が出版されたときに置かれる棚を最初からイメージしておかなければなりません。 そして、その置かれる棚に置かれている全 […]
    • 自分の出版企画をひと言で伝えてみよう
    • 出版企画書は、どんなにいい内容だったとしても、やはりタイトルで決まります。 それは、編集者が出版企画書をチェックするときに、企画タイトルから目を通すからです。   最初に書かれているタイトルが、面白くなさそうな […]
PAGE TOP ↑